指導者に知っておいてほしい 捻挫 の重症度チェック方法!

足首の 捻挫 はケガの中でも最も多く発生します!
ケガの程度は様々ですが、ひどいものは
靭帯の断裂や骨折まであります。

スポーツの現場ではよく起こるので
その場でアイシングして終わりというケースが
ほとんどですが重症なものは病院での検査が
必要になります。


現場にトレーナーがいればスペシャルテストを
実施し重症が疑われるものかどうかを
判断してもらえますが、部活の顧問の先生や
技術コーチしかいない場合それができません。


靭帯の断裂を検査するスペシャルテストは
経験と技術が必要で難しいので、
今回は捻挫による骨折の有無を判別するための
方法、オタワ足関節ルールを紹介します!





足首 捻挫

1人でも多くの選手が
早期に適切な処置が受けられるように
トレーナーのいない部活の顧問の先生や
技術コーチの方には是非覚えていただき、
役立ててもらえればと思います。







捻挫 による骨折の有無の判別方法

捻挫による骨折の有無を判別する方法として
「オタワ足関節ルール」
というもの使うと比較的簡単に判別できます!

オタワ足関節ルールは3つのSTEPがあります。



STEP1:圧痛の有無を確認する
まずは
①外くるぶし後方半分 6cm
②内くるぶし後方半分 6cm
③第5中足骨基部
④舟状骨粗面



触診箇所



この4か所を指で触り圧痛があるかどうかを確認します。
圧痛があれば検査は陽性→レントゲン推奨
圧痛がなければSTEP2へ進みます




STEP2:受傷直後の歩行能力をチェック
捻挫直後4歩、歩けるかどうかをチェックします。
ぎこちなくてもケガした側の足に少しでも
体重を乗せて歩くことができれば検査は陰性となり
STEP3へ進みます。

体重を全くかけられず引きずるようにしたり
ケンケンのようにしか歩けない場合は陽性となり
レントゲン推奨となります。






STEP3:現在の歩行能力チェック
受傷から少し時間がたったあとに
もう1度、4歩歩けるか
をチェックします。
ルールはSTEP2と同じです。

受傷直後が一番痛いためその時歩けなくても
時間が経てば歩けるようになる場合もあります。
骨折をしていれば受傷直後と同じように
歩けないため再チェックします。


歩くことができれば陰性となり
レントゲンの必要がなく、歩けなければ
陽性
となりレントゲン推奨となります。




オタワ足関節ルールは
・感度 96.9  
・特異度 34.5

のテストです。


感度は高いほどその検査が陰性であったとき
特定の病気やケガを持ってる確率が低くなります。


一方、特異度は高いほど
その検査が陽性であったときに特定の病気や
ケガを持っている確率が高くなります。

つまり「感度は除外力」「特異度は確定力」
表しています。



オタワ足関節ルールの感度 96.9とかなり高く
検査してすべて陰性だった場合、
統計的に骨折の可能性は1.1%となり
ほぼ完璧に骨折の可能性を除外できます!



ここで注意してほしいのがあくまでも
”骨折”の可能性が除外できるだけであって
靭帯やその他の組織の以上を除外できたわけでは
ありません。


あまりにもひどい腫れや熱感などの異常があれば
すぐに病院での検査を受けるように選手に
伝えてください。






オタワ足関節ルールについて
理解できましたでしょうか?

圧痛を確認する部位を覚えて
正確に触れないといけない難しさがありますが、
覚えておけば現場でかなり役に立ちます。

冒頭にも書きましたが1人でも多くの選手が
早期に適切な処置を受けられることを
願っています!





まとめ

●捻挫による骨折の有無を現場で簡易的に調べる方法として
 オタワ足関節ルールがおすすめ

●圧痛確認ポイント
 ①外くるぶし後方半分 6cm
 ②内くるぶし後方半分 6cm
 ③第5中足骨基部
 ④舟状骨粗面

オタワ足関節ルールが陰性でも
骨折や靭帯断裂といった重症の場合があるので
その場の判断で終わらせることなく
医療機関で診察を受けるようにしてください!


捻挫ケアについての別記事





★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength