日々の歩行、どの足の指で蹴ってますか?もしかしたら 身体の不調 につながっているかも

 身体の不調 は意外なところからきているかもしれません。

「親指で蹴る」
当たり前のことですがこれが非常に大事です!



なぜ親指で蹴ることが重要なのか


親指で地面を蹴るには親指の背屈が必要になります。
親指が背屈することで、足底筋膜が引っ張られ、
アキレス腱を介して後部の筋膜チェーンへ繋がります。
この流れができていれば必要最小限の力で歩行ができ、身体への負担はほとんどありません。


また、ふくらはぎの力を余計に使って蹴る動きをだしたり、腰を反らせることで体重を前に移動させて歩行するなどの代償運動がでて、続けていけば腰痛などの身体の不調につながります。


毎日何気なく歩行をしていますが、
実はその一歩一歩が身体を
蝕んでいるかもしれません。

BMsStrengthでは、歩き方の癖などを見てアドバイスもさせて頂いてます。
 
身体の不調の原因を、足先から丁寧に探っていきます。
 
足の使い方ひとつで、身体が改善する可能性がありますよ。
 
 
★御器所駅 2番出口から徒歩2分
〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室
パーソナルトレーニングジム
BMsStrength