スプリットスクワット! 動作改善 して効率の良い動きを手に入れる

 動作改善 して効率の良い動きを手に入れましょう!


足を前後に開いて行うスクワットで、
前側の脚の大腿四頭筋ハムストリングスお尻の筋肉に効くトレーニングです。


前側の脚の膝が爪先より前に出ないなど、
注意点はありますが、足の裏がしっかり地面を押せているかも意識していきたいです。

地面を効率よく押していくには、地面に対して垂直に力を働かせないといけません。

スプリットスクワットで地面を垂直押すためには

・片足でもトライポッドポジションを作れているか?
(トライポッドポジションについては過去の記事をご覧ください)

・動作中、作ったトライポッドポジションに対して膝関節股関節が適切なポジションにあるか?

ということを意識していく必要があります。


これが意識、実行できなければ動作としてできていても“効率の良い動き”にはなりません。
なので動作改善の必要があります!
効率の良い動きはケガが起こりにくく、大きな力を発揮しやすくなり、
パフォーマンスアップやケガの予防につながります。



今回はスプリットスクワットを指導していて、ふと思ったことを書いてみました。




スクワットに関する記事

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室
パーソナルトレーニングジム
BMsStrength