イメージと違う!? ダイエット 中に気をつけたい食材

ダイエット のために
食事制限をしていくわけですが、
身体には良くてもダイエットには
向かない食べ物があります。

そんなイメージと違う、
ダイエット中に気をつけたい食べ物
紹介したいと思います。

イメージと違う食材とは?

今回紹介するのは

「果物」

果物といえばビタミンが入っていて
身体にいいイメージがありますよね!

しかし果物に入っている「果糖」という糖質が
ダイエットには向きません

果糖はAGEs(糖化反応によって作られた生成物)を
生成したり、痛風の原因になったりと様々な
問題があります。

ダイエット に向かない理由としては
中性脂肪を増加させるためです。

ブドウ糖は代謝されるときに酵素による
調整を受けます。

身体の中にエネルギーが十分にあると、
「もうエネルギーを作らなくてもいい」と判断し、
酵素の働きが悪くなり解糖系というエネルギーを
作る代謝過程をストップさせます。
これを「ネガティブフィードバック」といいます。


しかし果糖は酵素の調整をを受けないため、
解糖系における代謝は止まらず
すべてアセチルCoAという化合物になります。
アセチルCoAは脂肪酸に変換され、
さらに中性脂肪が合成され蓄えられます。


果糖は吸収されるとブドウ糖よりも
遥かに早く代謝されます。
また、果糖は肝臓でしか代謝ができないため、
筋グリコーゲンを増やすこともできません。
そのため、スポーツ前などエネルギーとして
使い切れる見込みがあるときに
摂取するのがおすすめですが、ダイエットでの
摂取はあまりおすすめしません。


このように身体に良い=ダイエットに
良いというわけではありません

正しい食材の知識を身につけて効率のいい
ダイエットをしませんか?
食事カウンセリングも行なっているので
是非ご利用ください!






ダイエットに関する記事




★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分
〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength