パフォーマンスアップ に重要!筋力と筋パワーの違い

 パフォーマンスアップ に重要な筋力と筋パワー!
この2つは同じのように思えますが
違いがはっきりあります。

区別をしっかりして今後の
パフォーマンスアップ にお役立てください!



筋力と筋パワーの違い

筋力と筋パワーの違いとは?

それは「速度」です!


筋力
その筋肉がどれだけの力を
発揮したかというものです!

筋力は筋横断面積に比例するため、
筋力を上げていくには筋肥大させる
必要があります!

バイオメカニクスでは力学的仕事量といわれ
力と移動距離の積で求められ、単位はジュール(J)
というものです。

50kgを100cm(1m)持ち上げる場合と
100kgを100cm(1m)持ち上げる場合を
具体的に数字で表してみると下のようになります。

・50kgを100cm(1m)持ち上げられる人は
 50kg✕9.8m/s2✕1m=490J

・100kgを100cm(1m)持ち上げる人は
 100kg✕9.8m/s2✕1m=980J

このように後者のほうが筋力は大きくなります!

(計算式に出てくる9.8m/s2は重力加速度といい
重力によって生じる加速度です。)




筋パワー
筋力をどれだけの時間で
発揮できるかというものです。

筋力に時間軸を持ち込むため、
速度が早く短い時間で筋力発揮できるほど
筋パワーは大きくなります。

バイオメカニクスでは
力学的仕事率ともいわれたりします。

単位はJ/sになりますがこれを、
ワット(W)といいます。

100kgを100cm(1m)持ち上げるのに
0.6秒かかった場合と0.3秒かかった場合
具体的に数字で表してみると下のようになります。

100kgを100cm(1m)を持ち上げる仕事量は
筋力の説明で出した980Jになるので、
そちらを使います。


・0.6秒の場合
 980J÷0.6s=1633W となります。

・0.3秒の場合
 980J÷0.3s=3266W となります。
後者の方がパワーが高いことがわかります。

説明が少し難しくなってしまいましたが、
筋力と筋パワーには違いがあるので
パフォーマンスアップ させるために
どちらが課題になるかでトレーニング方法が
変わってきます。

選手自身も理解しておくと、
トレーニングの意味がわかり
モチベーションにつながるため
理解しておきましょう!






筋力と筋パワーに関する記事

筋力 向上と筋パワー向上!それぞれのトレーニングのやり方



★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength