オリンピック 選手に対しての世間の反応について思うこと

本日も オリンピック ネタになります!

 

7月24日に行われた

競泳男子400m個人メドレーでメダル候補とされていた

瀬戸大也選手が予選で敗退しました。

 

レース後のインタビューの内容から世間では

「手を抜いた」みたいな批判が出ています。

オリンピック出場選手が手を抜くということは

まずありえないと思います。

 

オリンピックとはかなり差がありますが

高校テニスという競技スポーツにトレーニングとコンディショニングサポートで

関わっている者として今回のことをブログにまとめました!

 

 

冒頭にも述べましたがオリンピック選手が

オリンピックという大舞台で手を抜くなんてことはありえないと思います。

 

では今回予選敗退となってしまった原因はなんだったのでしょう?

可能性として考えられるのは2つだと思います!

 

①予選通過タイムが予想より早かった

②コンディション調整がうまくいかなかった

 

 

①予選通過タイムが予想より早かった

本人もインタビューで答えていましたしこれが最有力だと思います。

日本代表のチームともなれば、海外の出場選手のレース記録は情報として手元にあるはずです。

一流のデータ解析チームがそれを参考に決勝の8人に残る為の予選通過タイムを算出するぐらいのことは必ずします。

泳ぐ選手も一流なのでそのペースに合わせて泳いできます。

ひとまずは予選通過することが目標なので決勝のペースよりは遅くして

決勝に向けて余力を残しておくのは当然の作戦です。

 

僕が携わっている高校テニスでは試合スケジュールが非常にタイトで、

真夏の炎天下の中、1回戦から決勝まで6試合ほど試合をします。

勝ち上がるまでに長い試合では1試合1時間を超えるものもあり、

次の試合に入るのに15分とかなり短い休憩しかもらえないなんてこともあります。

こんな状況で最後まで戦いきる為には余力を残しながら試合をしていかないといけません。

 

余力を残しながら戦っていくのはどんなスポーツでも、

ジュニア~プロ選手までやっていることです。

 

今回はオリンピックというトップレベルのレースのため

他の選手が良いパフォーマンスしたことによる誤算だと思われます。

 

②コンディション調整がうまくいかなかった

インタビューの際いい感じで泳げていたというような主旨の発言をしていたので

可能性はかなり低いと思いますが調整がうまくいかなった可能性もあります。

コロナウイルスにより異例の1年延期や練習ができない状態もありコンディション調整が

難しかったことは事実だと思います。

「そこを調整するのがプロだろ」といわれてしまえばその通りだと思いますが、

異例づくしの今大会ではこれまで以上に難しかったと思います。

 

 

 

どちらにせよ今大会までの5年間の努力は本人以外その苦しみは分かりませんし

今回の結果は本人が一番悔しいと思います。

余力を残したことを手を抜いたと言ってみたり、私生活について引っ張り出してきて

批判することは少し違うように思います。

 

 

昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分
〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室
パーソナルトレーニングジム
BMsStrength