ケガや 姿勢 の崩れにつながる足アーチの低下!

足アーチの低下はケガや 姿勢 の
崩れにつながります!

特に内側アーチの崩れは
扁平足や外反母趾につながり
アライメントが崩れれば
当然姿勢も崩れていきます。

また姿勢不良の状態でスポーツをすれば
ケガのリスクは大きくなります!

今回は内側アーチの保持に貢献している
「拇指外転筋」とそのトレーニング方法を
ご紹介します!


拇指外転筋

名前の通り足の親指を
外転(外へ開く)させる筋肉です。
内側縦アーチを支えるような形で付着しています。

母趾外転筋


内側アーチの保持には後脛骨筋が
大事であるという考え方もありますが、
僕が保持している資格の
ベアフットトレーニングスペシャリストの講習では
拇指外転筋が内側アーチの保持に大事であると
されていますし僕自身もそのように思っています!

拇指外転筋が筋力低下する原因として

・つま先の細い靴

・必要以上に靴紐をきつくする

などがあります。

つま先が細い靴や必要以上に靴紐をきつくすると
親指は強制的に内転(内に閉じる)するため
拇指外転筋が働けなくなります。

この状態が続くことで筋力が低下し、
内側アーチが保持できず扁平足や
外反母趾といったアライメント不良が起きます。




拇指外転筋のトレーニング方法

拇指外転筋のトレーニングを2つ紹介します!
1つ目は足の指をじゃんけんのパーの状態に!

足のエクササイズ1
足のエクササイズ2


指と指の間ができるだけ離れるようにします。
特に親指と人差し指の間がちゃんと広がるか
意識していきましょう!

どうしても足の親指が広がらない場合は
広げていくときに手の指で母指外転筋を押しながらやるのがおすすめです!

注意点としては足の指を広げるときに
指が反らないようにします!



2つ目はショートフット
ショートフットをすることで
足の内在筋を刺激できます。

ショートフットエクササイズ1
ショートフットエクササイズ2
ショートフットエクササイズ3



立った状態で足の指だけを浮かせ、
指を広げ地面へ着けます!

注意点としては拇指球、小趾球、踵の
トライポッドが地面にちゃんと着いていることを
確認しながら行います!

女性は細い靴を履くことも多いですので
拇指外転筋のエクササイズを日頃から行い
メンテナンスをしておく必要があります!

お家で簡単にできるのでぜひお試しください!




足と姿勢に関する記事

足元から作る良い 姿勢



★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength