季節の変わり目 心と体 は整っていますか?

心と体 はつながっています!

季節の変わり目は心がざわっとして
落ち着かないなんてことはありませんか?


「病は気から」というように心が整っていないと体に影響が出ます!

春先や夏から秋にかけての季節の変わり目は
気温の変化によって自律神経が乱れやすくなります!

今回は季節の変わり目に起こる自律神経による心の乱れについて書いていきます!




自律神経

自律神経は交感神経副交感神経の2つから成り立ちます。

交感神経は体の働きを促し、副交感神経はリラックスさせるなど
体を休ませるような働きがあります。
自律神経の乱れは副交感神経がうまく働かなくなることで起こりやすいです。


交感神経ばかりが働き、副交感神経が働かなくなることで体が常に緊張しストレスがかかり続けます。

身体的症状として体のだるさや、発汗動悸など

精神的症状としてイライラ不安パニックになりやすいなど

これらの症状が現れます!

特に今はコロナウイルスの影響もあり外出自粛などでストレスを感じやすく
副交感神経が働きづらくなっています!

またマスクによって呼吸が浅くなってしまうのでより交感神経を刺激しやすい状態になっています!
副交感神経を働きやすくすることでこれらは軽減します!


方法としては

・瞑想

・深呼吸(腹式呼吸を意識する)

・運動により幸せホルモンであるセロトニンを出す

・アミノ酸の一種トリプトファンを摂取する

 トリプトファンはセロトニンの材料になります

これらのどれか1つでもいいのでまずは始めてみてください!
余裕があれば1つずつ増やしていきましょう!


これらを実践してぜひ心を整えて健康な体と健康な心で
これから来る秋を満喫してください!




自立神経からくる肩こりの記事

今のご時世手放せないマスクでひどくなる 肩こり



★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength