ダイエット したいのに甘いものがやめられない!そのメカニズムと対処法!

ダイエット を始めようと思ってもなかなか甘いものがやめられず
ダイエットできないということはありませんか?


せっかく食事制限をしても結局甘いものを食べて
カロリーオーバーになってしまい、食べてしまった罪悪感で
自己嫌悪に陥りダイエットをやめてしまう方は多くいらっしゃると思います!


今回はなぜ甘いものをやめられないのかそのメカニズムと
対処方法について書いていきます!


甘いものがやめられないメカニズム

甘いものに入っているものといえば
「砂糖」ですね!

最近では砂糖依存症という言葉が出てきています。

砂糖を摂取したときに体の中、特に脳で起きること
甘いものをやめられくなってしまう原因に繋がっていきます!

砂糖を摂取すると脳内で、セロトニンドーパミンノルアドレナリンという
脳内神経伝達物質が分泌されます!

各ホルモンには以下のような働きがあります!
・セロトニン→精神の安定、安心感
・ドーパミン→やる気や幸福感、快感を得る
・ノルアドレナリン→脳を覚醒させる、ストレス順応、抗うつ作用

砂糖を摂取することでこれらのホルモンが分泌され
快感や幸福感、精神の安定などを得られますが、
一度分泌されたホルモンは出続けているわけではなく
時間が経てば取り込まれ分泌量が減ります。
それにより砂糖を摂取したことによる快感や幸福感はなくなっていきます。

失った快感や幸福感、精神の安定をもう一度得るために
砂糖を摂取できる甘いものを求めるようになります!

これはタバコに含まれるニコチンの作用とよく似ており
喫煙者の方がタバコを吸い続けてしまうのと同じ現象です!

ではどのように対処すればいいのか?



砂糖を取り続けてしまうことへの対処法


砂糖と取り続けなくても安定してセロトニンやドーパミン、
ノルアドレナリンといった脳内神経物質を安定して分泌させる
必要があります!

脳内神経物質を安定して分泌させる方法は以下の通りです。

①日光浴をする
②ビタミン・ミネラルを含むバランスの取れた食事

①日光浴をする
人は日光を浴びることでセロトニンが分泌されます。
日光を浴びるタイミングとしては起床直後30分までに、
15分〜30分ほど日光浴をすることでセロトニンの分泌を高めます。

また日光浴には体内でビタミンDを生成させる働きがあり、
ビタミンDにセロトニン分泌を促進させる効果が期待できます!



②ビタミン・ミネラルを含むバランスの取れた食事
神経伝達物質の合成にはアミノ酸(トリプトファン)を原料として
ビタミン、ミネラルが必要になります。
トリプトファンがあってもビタミン・ミネラルが不足していると
神経伝達物質はうまく合成されず不足状態になってしまいます。

肉や魚、大豆といったタンパク質がとれる食材を中心に
野菜を毎回の食事に入れるように意識していきましょう!

砂糖を摂ることは悪いことではありません。
ただ、砂糖の摂取を自分の意識でコントロールできる状態であれば
問題はありませんが、コントロールできない状態で求めるままに
砂糖を摂り続けるのは危険なため、改善が必要です!





健康的な食事に関する記事

健康 的でバランスの良い食事とは?





★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength