腸活 で意識したいトレバイオティクス!

健康的な体を手に入れるためには 腸活 は
欠かせません!

腸は食べ物を消化し栄養素を吸収するだけでなく
第2の脳と呼ばれ、迷走神経を介して腸と脳は
お互いの健康に影響を及ぼします。


今回は腸活をしていくうえで大事な
トレバイオティクスについて書いていきます!




腸活







腸活 で重要なトレバイオティクスとは?

腸内には様々な微生物や菌が存在しそれらが
正常に働くことで腸内の健康が保たれ、
体全体の健康へ好影響を与えてくれます。
先程も書きましたが、脳へも関係してきます。



腸内環境に関わってくるものは3つあります。
・プロバイオティクス
・プレバイオティクス
・ポストバイオティクス


この3つのことをトレバイオティクスと呼びます

①プロバイオティクス
プロバイオティクスは腸内の環境を良くするために
働いてくれるもので乳酸菌、ビフィズス菌などが
代表的なものです。



②プレバイオティクス
プレバイオティクスは腸内で働いてくれる
プロバイオティクスの餌となり活性化させるもので
イヌリン、ガラクトオリゴ糖、フルクトオリゴ糖が代表的なものです。




③ポストバイオティクス
ポストバイオティクスは悪玉菌の繁殖を
コントロールし、プロバイオティクスが
腸に到達したときに働きやすい環境を作り
栄養を吸収しやすくしてくれ、酵母などが
その働きをしてくれます。




食生活を見直すことで
これら3つのバイオティクスが腸内で安定して
働けるようにしていくことが大事ですが
食事でなかなか改善されない場合は
腸内環境をリセットするために
ファスティングをすることをおすすめします!


これまでの腸活というと
プロバイオティクスとプレバイオティクスの
2つを掛け合わせたシンバイオティクスで

考えられていましたが、これからの腸活は
ポストバイオティクスも含めた
トレバイオティクスで進めていくことが
より健康的な腸内環境を手にすることができます!






皆さんもトレバイオティクスを意識して腸内から
健康な体を作っていきましょう!





まとめ

●腸内環境を良くする腸内細菌には
 3つの種類がある
 ・プロバイオティクス
 ・プレバイオティクス
 ・ポストバイオティクス



●それぞれの役割
 ・プロバイオティクス
   ➡腸内環境を良くするために働く

 ・プレバイオティクス
   ➡プロバイオティクスの餌になる

 ・ポストバイオティクス
   ➡悪玉菌の繁殖をコントロール



●これからの腸活はトレバイオティクスを意識する

●食生活の改善で腸内の改善が見られない場合
 腸内環境をリセットするために
 ファスティングがおすすめ!

腸活に関する別記事

★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室


パーソナルトレーニングジム
BMsStrength