反り腰 の人は太ももの外が張りやすい⁉

最近、姿勢の悩みで多いのが 反り腰 !
反り腰は骨盤が前傾して起こる姿勢不良です。

姿勢不良があると本来かからなくていい所に
負担がかかり痛みが出たり、張りが出たりします。


今回は反り腰の方におこりやすい不調に
ついて書いていきます!



反り腰と太ももの外



反り腰 でおこる不調

最初にも書きましたが反り腰は骨盤が前傾することで
腰椎が反る姿勢不良のことです。

最近では姿勢の改善を目的として、
来店される方で一番多い悩みとなっています。



反り腰の方で多くみられる不調は

「太ももの外の張り」です!



これは骨盤が前傾していることで
本来使いたい筋肉を使えず他の筋肉を
使うことでおきます。

脚を外に開く外転という動きに作用する筋肉に
中臀筋大腿筋膜張筋という筋肉があります。



中臀筋と大腿筋膜張筋





中臀筋は股関節の外側、
大腿筋膜張筋は股関節の前に付着しています。

同じ動きをさせる筋肉ですが、
股関節が曲がっている状態屈曲位なのか
伸びている状態伸展位なのかで、
どちらの筋肉が強く作用するか変わってきます。


屈曲位→大腿筋膜張筋
伸展位→中臀筋










骨盤前傾


骨盤が前傾していると股関節は屈曲位になります。
そのため股関節外側にある中臀筋が使いずらく
中臀筋の役割も股関節前面にある
大腿筋膜張筋がすることになります。



大腿筋膜張筋は腸脛靭帯という
太ももの横から膝の横に付着している
靭帯と繋がっています。

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋の張力に影響を受けるため
大腿筋膜張筋にストレスが多くかかって
硬くなったりすると腸脛靭帯が引っ張られて
太ももの横の張りになります!



大腿筋膜張筋は他にも股関節のつまりおこしたり
骨盤の前傾に関わっている筋肉なので
反り腰が余計にひどくなるなってしまう
なんてこともあります。







太ももの横の張りへの対処方法

原因なっている筋肉が大腿筋膜張筋なので
そこへアプローチしていきます!


大腿筋膜張筋に対して

・フォームローラー

・マッサージガン

・コンプレフロス

といった筋膜リリースツールを使い
リリースをかけるのがおすすめです!



ここでよく間違われるのが腸脛靭帯が張っているので
太ももの横をほぐそうとする方がいますが
大腿筋膜張筋のリリースができていないと、
ただ痛いだけであまり効果が出ません。


必ず原因になる筋肉にアプローチしてください!




まとめ

●股関節を外転させる筋肉には
中殿筋大腿筋膜張筋がある

●股関節屈曲位では大腿筋膜張筋
伸展位では中殿筋の働きが強くなる

●反り腰の人は骨盤が前傾して
股関節が屈曲位になり大腿筋膜張筋が働きすぎる

大腿筋膜張筋が硬くなり
腸脛靭帯を引っ張り太ももの横が張る


反り腰の人になぜ太ももの横の張りが多いか
理解できましたか?
一番いいのは反り腰自体を治せるのが理想です!
姿勢でお悩みの方は1度、体験トレーニングへ
お越しください!




姿勢に関する記事

姿勢改善 !猫背を治そう!



★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength