腰痛改善 !腰痛を改善させるためにやるべきこと

認知機能を上げて 腰痛改善 !

脳がちゃんと認知できていないと、
痛みを改善させることは難しいですし、
コンディショニングを行って一時的に良くなっても
また痛みが出てくるなんてこともあります。


今回は認知機能を上げることで痛みを改善させる方法をご紹介します!







認知機能と痛み

脳の認知機能とは
動かす関節の場所や動いたときに、
身体の部位がどの位置にあるか、
どんな動きをしているかを正確に把握できているかという体性感覚のことで、
ボディマッピングと言われたりもします!


この機能がちゃんとしていないと、
動かなくていいところが動き、
動いてほしいところが動かない

こんな感じで、動きがめちゃくちゃになります。



具体的な例を出すと

お辞儀をするときに、
股関節をしっかり曲げたいのに
腰だけが曲がってしまう

という感じです。



腰はそんなに可動域が大きくないため安定させたい関節ですが、
可動域の大きい股関節が動かないため腰を大きく動かすしかなくなってしまうのです。


動きを改善していくのは自分ひとりでは難しいので、
簡単な方法として皮膚感覚(触覚)にアプローチします。

皮膚の感覚は動きを認知するのにとても重要です。
痛みのあるところの皮膚感覚は鈍くなりので、触れられていても
健康な他の部位より触れられていることを感じづらくなります。


まずそれを改善させるために
ティッシュや指先で痛いところの皮膚を優しく撫でてあげます。
最初は感覚が鈍かったものが、どんどん感覚が出てきます。


感覚が出てきたら、今度は数字やひらがななど文字を書いて当ててもらいます。
皮膚感覚が鋭くなってくると、腰痛であれば腰全体がなんとなく痛かったものが、
痛いところがはっきりしてきます。

まずはこの状態までくることが大事です!
この状態までこれば、自分がどんな動きで腰を使っているかわかるので、
動きを改善していきやすくなります!


伸縮性のあるテーピングを腰に貼ることで腰を動かしたときに
テーピングも動いて動きがわかりやすくなります。
そのためテーピングを利用するのもありです!

痛みを改善するために認知機能を上げることの
重要性が理解できましたでしょうか?

まずは認知機能を上げていくことが
痛みの改善への1歩となるので、是非試してみてください!






★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength