足首 だけじゃない足部で大事な関節!

足部は 足首 以外にも
大事な関節がたくさんあります!

身体には約200個の骨がありますが、
片足だけで28個の骨があり、左右の足部で56個
約4分の1の骨が足部にあります。
骨の数が多いということは、関節も多くなります!



今回は足部にある

「ショパール関節」「リスフラン関節」

ご紹介します!

どちらも大事な役割がありますので
この機会に理解を深めてください!






ショパール関節とリスフラン関節

ショパール関節

「横足根関節」とも呼ばれ

長軸と斜軸2つの運動軸があります!

ショパール関節は距骨下関節とセットで機能し、
足部の剛性と柔軟性のコントロールをしています。

動作中では内側縦アーチに関与します。
荷重がかかると内側縦アーチは衝撃を
吸収するために下降しますが、
この下降を適度なものにするための補助をします。
下降が適度にできなければ衝撃を吸収できず身体への負担が大きくなります!

逆に下降し過ぎることで機能性の偏平足
非荷重でも下降している場合、アライメント不全の
扁平足となります!




リスフラン関節

「足根中足関節」とも呼ばれ

3つの楔状骨と5つの中足骨で構成されています!

リスフラン関節の安定性は足部の横アーチの保持
貢献しており、前足部の機能に重要な役割を
担っています。

動作では、歩行時に足底の外側から内側へ荷重を
移していったり、拇趾球の安定性に関わり地面を
蹴る動作において非常に重要となってきます!






2つの関節の重要性を理解していただけましたか?

身体を支えている足部はとても重要です!

その機能の役割を理解し、最大限に使うことで
パフォーマンスアップ、ケガ予防において
大切になります!





足部に関する他の記事

スポーツで多い足首捻挫! 捻挫のケア ちゃんとしていますか?




★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength