解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!【ハムストリングス編】

解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!第3弾!

今回は

「ハムストリングス」です!

ハムストリングスも複数の筋肉で
構成される筋肉です!


ケガを起こしやすい部位でもあるので
この機会にハムストリングスへの理解を
深めてください!






ハムストリングス

ハムストリングスは

・大腿二頭筋

・半膜様筋

・半腱様筋

この3つで構成される筋肉です。

付着している場所を確認していきましょう!

大腿二頭筋

大腿二頭筋には長頭と短頭があります

起始
長頭:坐骨結節
短頭:大腿骨後下面

停止
腓骨頭


半腱様筋

起始
坐骨結節

停止
脛骨粗面の内側


半膜様筋

起始
坐骨結節

停止
脛骨内側顆


股関節と膝関節をまたいでいる多関節筋なので、
この2つの筋肉の動きに関係していきます!


次はどんな動きに関与しているか
見ていきましょう!

股関節 伸展





膝関節 屈曲





膝関節 内旋 半腱様筋、半膜様筋の作用





膝関節 外旋 大腿二頭筋の作用







どんなトレーニングで鍛えられるか

・スクワット

・ブルガリアンスクワット

・レッグカール

・ノルディックハム
↑ケガの予防におすすめです!


ハムストリングスは
肉離れを起こしやすい部位です!

瞬発的な動きではハムストリングスに引っ張られる
力が大きくかかりノルディックハムで
エキセントリックを鍛えておく
ことが
おすすめです!

ハムストリングスへの
理解は深められたでしょうか?

解剖学を知って質の高い筋トレしてください!





解剖学、前回の記事

解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!【大腿四頭筋編】




★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength