解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!【腓腹筋編】

解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!第7弾!


今回は

「腓腹筋」 です!

ふくらはぎの筋肉ですね!


解剖学を学んでいる方すると当たり前かもしれませんが、
知らない方からすると少し意外な関節の動きにも関与しています。
この機会にぜひ覚えてください!



腓腹筋


下腿三頭筋いわれるふくらはぎについている筋肉の1つです!
腓腹筋には内側頭外側頭2つの筋頭があります。
では付着しているところを見ていきましょう!

起始

内側頭:大腿骨内側上顆
外側頭:大腿骨外側上顆

停止

アキレス腱を介して踵骨隆起


太ももの骨から踵の骨に付着しています!
足首を動かすと腓腹筋が働くので足首しかまたいでない単関節筋と思われがちですが
足首と膝関節の2つの関節をまたぐ多関節筋です。

ここがイメージと少し違うところですね!

膝関節もまたいでいるので当然膝関節の動きにも関与してきます。



ではどんな動きで働くのか?


足首底屈




膝関節屈曲





どんなトレーニングで鍛えられるか

・カーフレイズ

・ホッピング


血液は重力により足に溜まりやすいですが腓腹筋が収縮することで
血管を圧迫し心臓へ血液を戻してくれます。
このことから第2の心臓ともいわれています!
足が浮腫みやすい方はふくらはぎの筋肉を定期的に動かしてあげるといいです!




前回の解剖学記事

解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!【広背筋編】

 


★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分
〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室
パーソナルトレーニングジム
BMsStrength