解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!【上腕三頭筋編】

解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!第8弾!

今回は

「上腕三頭筋」 です!

男性なら太い腕
女性なら引き締まった腕
を作るのに必須ですね!

上腕三頭筋の解剖学を知って
トレーニングに活かしてみてください!



上腕三頭筋

上腕三頭筋は名前の由来の通り
長頭外側頭内側頭の3つに分かれています!

まずはどこに着いているか確認していきましょう!

起始

長頭:肩甲骨関節下結節、

外側頭:上腕骨近位の後外面

内側頭:上腕骨中部の後内面

停止

尺骨肘頭


肩関節肘関節をまたぐ多関節筋になります!
よってこの2つの関節の動きに関わってきます。


次は動きをみていきましょう

肘関節伸展





肩関節伸展




肩関節内転でも働きますが、
これは余裕があれば覚えておくぐらいで大丈夫です!



どんなトレーニングで鍛えられるか?

・ナローベンチプレス

・リバースプッシュアップ

・フレンチプレス

・トライセプスプレスダウン

・トライセプスキックバック

・スカルクラッシャー



上でも書きましたが、肩甲骨に付着しており
肩関節をまたいでいることから、
上腕三頭筋が硬くなることで肩の動きが悪くなったり、痛みに繋がります!

トレーニングも大事ですが、ケアもしっかりしておくことをおすすめします!

上腕三頭筋について理解できましたか?
解剖学を活かして、理想の腕を作り上げてください!



前回の解剖学記事

解剖学を知って 筋トレ の質を上げよう!【腓腹筋編】



★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength