パフォーマンスアップ

パフォーマンスアップ に必要な体幹の使い方!

パフォーマンスアップ を目指していくうえで
体幹の強さは必要です!

プランクをはじめとする
体幹トレーニングをジュニアの時期から
取り入れているチームも多くあります!

体幹トレーニングをすれば

「パフォーマンスアップできる」
「安定感が増す」

なんとなくのイメージができても
体幹部にも使い方があります!

体幹部の使い方を間違えていれば
体幹トレーニングの成果は
パフォーマンスアップには還元されません!

今回はパフォーマンスアップに欠かせない
体幹の使い方を紹介します!

サムネイル


体幹の使い方

体幹の使い方には

・ドローイング

・ブレイシング

この2種類があります!

●ドローイン
息を吐きお腹を凹ませることで
腹横筋を収縮させ腰椎(腰の骨)を安定させます!

腹横筋は背中側にある胸腰筋膜とつながりがあり、体幹部を1周覆うかたちになっており
コルセットのような働きをしてくれます!

腹横筋と胸腰筋膜




●ブレイシング
お腹を膨らますように息を吸うことで
上下左右から圧をかけて
腹圧を高め体幹部を安定させます!

横隔膜と骨盤底筋群で上下の圧
左右の外腹斜筋と内腹斜筋で左右の圧をかけます。
ブレイシングではお腹だけでなく背中側も
膨らませることを意識します!

ドローイングとブレイシングの使い分け

ドローイングとブレイシングは
両方体幹部を安定させますが
使われる場面が違います!

ペットボトルをイメージしてもらうと
わかりやすいですが新品未開封のペットボトルは
ねじったり真ん中から折り曲げることは
できませんが空の状態で少し空気を抜いた
状態では、ねじったり折り曲げやすいです!

新品の状態=ブレイシング
空の状態=ドローイング

ドローイングは体幹部の回旋の動きができる為
ゴルフやテニスのストローク、バッティング
といった体幹部の動きが
求められる場面で使います!

ブレイシングは体幹部がしっかり固定されるため
ラグビーのタックル、ジャンプの踏み切り、
球技のインパクト時といった強い衝撃が
身体にかかる瞬間に体幹部を安定させるのに
使います!

このようにどんな動作なのかで
体幹の使い方が変わる為
その場面に合わせた体幹トレーニングをしなければ
パフォーマンスアップにはつなげることはできません!

パフォーマンスアップに関する別の記事

パフォーマンスアップ のトレーニングで必要な一工夫!


中森 允崇

なかもり のぶたか

BMsStrength 代表

【保有資格】

・日本トレーニング指導者協会 認定トレーニング指導者
​・EBFAベアフットトレーニングスペシャリスト

Profile Picture

★名古屋市昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分
〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

名古屋の個室
パーソナルトレーニングジム
BMsStrength

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP