ケガは 痛み がなくなったら完治?

現在テニス部で指導しているため、 痛み を
抱える選手への指導も行っています!

痛みの原因を探り、
どうすればそれが良くなるかを考え
選手にアプローチしています。


一般的な考え方であれば痛みがなくなれば
ケガは治ったと考えます!
日常生活だけの動きであれば痛みがなくなれば
十分ですがスポーツに復帰すると考えると
痛みがなくなっただけでは不十分です!

今回はスポーツ選手におけるケガの完治について
私自身の考えをまとめていきます!

サムネイル

スポーツ選手のケガ完治とは

上でも書きましたが一般的には痛みがなくなったり
骨折した骨がつながる、炎症がなくなるなどすれば
ケガは完治と考えます。

日常生活への復帰と考えれば十分ですが
日常生活よりはるかに強度の強い動きが求められる
スポーツではケガの再発のリスクがあるため
復帰する前にやっておくべきことがあります!

ケガをした部位の機能はかなり落ちているため
機能の回復をする必要があります。
どの程度まで回復させるかといえば、
ケガをする前より回復させます。


ケガをしたということは
ケガ前の機能では不十分であるため
それ以上の機能を獲得しなければ

ケガが再発します!


そのために求められるのが動きの多様性です!
動きの多様性がなければ同じストレスが身体の
1か所にかかり続ける為ケガの再発は防げません。


ケガをした部位の動きの
多様性はもちろん必要ですが
ケガをした部位の周りの関節と
協調してつくる動きの多様性も必要になります!

スポーツへの復帰と考えれば、
痛みがなくなることが完治ではなく
ケガの再発しないところまで回復させることが
ケガの完治だと私は考えています!

今回の話は、難しい話ですが頭の片隅に
置いておいてもらえればと思います。



痛み改善に関する記事

デスクワークからくる肩こり・背中の 痛み改善 におすすめエクササイズ!



★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength