自分の 健康 的な体重を知ろう!

健康 を保つならそれに見合った
体重を維持することが必要です!

「太ってなくて痩せているから大丈夫!」
と考えるのは少し危険だと思います。

太ることで生活習慣病などの病気のリスクが
増すことはイメージできますが
痩せすぎでも病気のリスクは増します!

では自分はどれぐらいの体重であれば
健康的なのか?
今回は自分にとって健康的な体重の見つけ方を
紹介します!

健康的な体重



自分にとっての 健康 的な体重は?

自分にとって体重が
どれぐらいあれば太りすぎなのか
痩せすぎなのか数字として知っておく
必要があります!

その基準として用いられるのが

「BMI」です!

BMIは「Body Mass Index」
の頭文字をとったもので
日本語にすると「体格指数」となります!

身長と体重を使って計算するすることができます!

BMIの計算方法は

体重(kg)÷身長(m)の2乗で計算できます。

計算するときの注意点は身長が「cm」ではなく
「m」であることです!


私の身長と体重を具体例にBMIを計算してみます。

現在、身長が182cm、体重が70kg
身長はメートルに直すので1.82で計算します。

まずは身長(m)の2乗を計算します。

1.82×1.82=3.3124

今度は身長の2乗で、でた数字で体重を割り
出てきた数字がBMIです。

70kg÷3.3124=21.1

現在の私のBMIは21.1となります!


BMIの見方は以下の通りです。

18.5未満→低体重

18.5以上25未満→普通体重

25以上30未満→肥満1度

30以上35未満→肥満2度

35以上40未満→肥満3度

40以上→肥満4度



普通体重でも幅がありますが、
最も病気にかかりにくい数値は22と
言われています!

健康ということを考えるのであれば
BMIが22前後になるように
体重をコントロールするのが理想的です!


ダイエットで体重を落とす場合には
どんなに落としてもBMI19ほどに
留めておきましょう!

BMI19でもかなり見た目は細いです。
それ以上は体重を落とすというより
体重をキープしながら
トレーニングによって体型を良くしていくことを
おすすめします!


体重にばかり気がいきすぎてあまりにも
BMIが低いと女性の場合には月経障害など
身体の不調を引き起こす場合があります。
せっかく痩せても健康を害しては意味が
ありません。

BMIを参照しながら
健康的な身体を手に入れてください!




まとめ

●体格の基準として用いられる数値は「BMI」

●BMIの見方
18.5未満→低体重
18.5以上25未満→普通体重
25以上30未満→肥満

●最も病気にかかりにくいとされているのは
 「BMI22」

●低体重過ぎても病気のリスクが増すため
 BMI22前後の体重を維持しつつ
 トレーニングで体型を良くする

健康に関する記事

健康 的でバランスの良い食事とは?


★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength