ダイエット に大事なエネルギー消費量!

ダイエット の基本は
摂取カロリー<消費カロリーです!

食事制限で摂取カロリーを抑えることも大事ですが
消費カロリーを上げることも大事になってきます!



今回は普段どんなことでエネルギーを
消費しているのかを紹介します!

サムネイル

エネルギー消費量の構成要素

エネルギー消費量は、3つの構成要素からなります!

①基礎代謝

②食事誘発性熱産生

③活動代謝量





①基礎代謝

人が生きていくうえで
必要な最小のエネルギー消費量!
1日中ベットの上で何もせず過ごしても
消費するエネルギー量です。

年齢体格身体組成ホルモン状態
ストレス状態栄養状態環境などの
影響を受けて変化します。

除脂肪量に28.5kcalをかけることで計算できます!
※除脂肪量・・・体脂肪以外の筋肉や骨、内臓などの総重量


体重60㎏ 体脂肪率20%の場合
体脂肪の重さは12㎏になります!

体重60㎏ – 体脂肪の重さ12㎏=48㎏
除脂肪量 48㎏





②食事誘発性熱産生

人は食事をすることで
エネルギー代謝が亢進します。
食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され
その一部が熱エネルギーとなって消費されます!

そのため食事後は安静にしていても代謝が増加し
この代謝が増加することを食事誘発性熱産生
といいます!

タンパク質が摂取量の20~30%と最も高いが
糖質は6%、脂質4%と低いため通常の食事では10%程度とされています!





③活動代謝量

日常生活の動作や運動やトレーニングをしたり
身体を動かすときに使われる消費エネルギー量!
活動する強度や頻度、時間によって
個人差はありますが1日で消費するエネルギーの
20~30%程度を占めるといわれています!



ダイエットのためにはトレーニングをして
基礎代謝量、活動代謝量を上げることで
消費エネルギーを増加させることが
大事になります!





ダイエットに関する記事

ダイエット 中の食べ過ぎ防止に役立つワンプレートご飯!





★昭和区 御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength