痛み改善 にテーピングを有効活用しよう!

 痛み改善 させていくためのツールはたくさんあります!

数ある中から今回は痛みの改善を目的とした
テーピングの有効活用方法をご紹介します!


普段からこまめにケアをしていくのが理想的ですが、
こまめにできない方はテーピングを有効活用するのがおすすめです!






テーピングの活用方法

・関節を固定するために使われるホワイトテープ

・筋肉や腱をサポートするキネシオテープ

・皮膚の保護をするアンダーラップ

などまだまだ種類はあります!

痛みの改善として活用するなら伸縮性のある
キネシオテープロックテープを使用するのがいいです!

おすすめする理由が2つあります。




①伸縮性のテープを貼ることにより患部を動かしたときにテープが伸縮するため
皮膚がスライドして皮膚と筋肉の間に隙間ができるようになります。
浅層の筋膜リリースをしているような状態を作り出せます。
また血液やリンパの流れが良くなることも痛みの改善につながっていきます!




②テープを貼ることで貼っている部位の認知機能をあげることができます。
認知感覚が薄い部位では動きを感じ取るのが難しくなるため筋肉が必要以上に力を出力したり
逆に全く動かないなんてこともあります。
認知機能を上げることで動きすぎや動かさなさすぎをなくしていくことで痛みの改善に効果があります!

認知機能については過去の記事で詳しく説明しているのでそちらを参照してください!
腰痛と認知機能についての記事





貼るときの注意点

通常伸縮性のテープをあるときには、テープを少し引っ張りテンションをかけて貼りますが、
痛み改善のを目的とする場合は、テープを引っ張らずに貼ります。

テープを引っ張手貼ってしまうと、テープの動きがあまりでないため皮膚がスライドしづらくなるため
上で書いたような効果を得にくくなるためです!







痛み改善の為のテーピングの活用法はご理解いただけましたか?
最初にも書きましたが痛みがある場合はこまめにケアをしていけるのが理想です!
それにプラスして日常生活などケアができないときにテーピングを活用すると、
改善は早くなります!





テーピングの活用法に関するほかの記事

捻挫 の早期回復に欠かせない”リンパファンテープ”




★御器所駅 2番出口から徒歩2分

〒466-0015
愛知県名古屋市昭和区御器所通3丁目18
STプラザ御器所 3階H号室

パーソナルトレーニングジム
BMsStrength